エクスチェンジ・メッセンジャー改良してみる

Posted at : 2010年 / 09月 / 20日
先日買ってお散歩に使ったロープロのカメラバッグ「エクスチェンジ・
メッセンジャー」。カメラバッグ臭くない外観など、基本的には悪く
ないんですが、前述したようにいくつかの不満点が。

・外側のクッション性が弱い
・デフォルトの中仕切りを使うと雑誌が入らない

この二点を解消すべく、インナークッションを買ってきました。
エツミのクッションボックス・フレキシブルです。

ビックカメラで1380円。

今回の目的とは関係ありませんが、外側の面ファスナーを開くと
容積を大きく増やせるので「フレキシブル」なんですね。


今回は畳んだままの状態で使用します。大きさ的にはぴったり。


機材収納例。レンズ付きのOM-1に、レンズ2本。


雑誌やガイドブックも入るようになりましたよ。


文句ばっかり書きましたが、ココは好き。
ふつうショルダーバッグのベルトは垂直に取り付けられてますが、
これはナナメに取り付けられてます。おかげでベルトにねじれの
力がかからず、自然に体にフィットします。


前述したように、クッションボックス・フレキシブルは形状の違う
バッグにも流用できますし、必要なければ外してふつうのバッグ
として使えます。お値段もそこそこですので、改良計画まずは
成功です( ̄▽ ̄)

ただ、ロープロは昔から視認性がいいように、カメラ収納部には
鮮やかな色を使っているんですが、エツミは昔ながらの真っ黒。
ここだけがやや残念というか。ロープロの色使いに慣れちゃうと、
真っ黒にする意味が逆にわからないんですね。夏は熱が籠もり
やすいし、黒塗りが多いカメラやレンズやケーブルの視認性も悪い
(夜の屋外とかもう最悪)。カメラのクッションはすべて明るい
色にすべきだと思います。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

フジからなんかすごいのキタ━(゚∀゚)━!!!!

Posted at : 2010年 / 09月 / 20日

富士フイルムがAPS-Cセンサー搭載のコンパクトデジカメを海外サイト
発表したようです。FINEPIX X100と名付けられています。

まるで往年のレンジファインダーカメラのようなルックスに思わず一人
炎上したわしですが、残念ながらRFではないようです。逆ガリレオ式
光学ファインダーに、液晶画面をプリズムで投射するハイブリッド・
ファインダーだそうで、ぶっちゃけまだよくわかりません。まあ距離計
連動でないのは間違いないでしょう・・・

しかし35mmF2相当の単焦点レンズという思い切りのいいスペック、
軍艦部にまばゆく刻印されたクラシックなフジノンのブランドマーク、
シャッターボタンの形状に至るまでとことんレトロさを突き詰めた
趣味性強すぎのデザインは、ある意味富士ならではの冒険心でしょう。
レンズ交換ができないというあたりにも逆に気合いを感じます。
まるで銀塩時代の名機ニコン35Tiやコニカヘキサーを思い出します。

オリンパスE-P1以来隆盛のミラーレス一眼ですが、どれもいいなあ
と思いつつ、「なんか中途半端だなあ」という気もして、手が出せ
ないでいたわしでしたが、これは久しぶりにガチで欲しいです。
趣味性で売るんなら、ここまでやれよ! という富士フイルムの
漢くさいメッセージにボッキが止まりません。

あとは値段ですよね……いくらかなあ( ̄▽ ̄)

このご時世に、どう考えても黒字なんか出ないであろうフィルムを
作り続けるばかりか、中判カメラまで新規開発したり、懸命に銀塩
啓蒙活動を続けている富士フイルムの企業姿勢にはときおり涙が
出そうになりますが、その一方でデジタルにも「大人の趣味」を
持ち込もうというカメラ部門の腰の軽さ、大胆さにシビレます。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:1
 |