ふるプニっ!桂木華

Posted at : 2010年 / 08月 / 08日

ちょっと前に紹介した「プチぷりちぃ〜春風どれみ」と同じ
エボリューショントイが4月末に発売した可動フィギュアの新シリーズ
「ふるプニっ!」第一弾、史上はじめての母乳アニメの呼び声も高い
『聖痕のクェイサー』から、桂木華です。

ぶっちゃけ何度かアニメは見たんですが、見せ場はほとんど
止め絵と白いモヤになっててワケがわかりませんでした( ̄▽ ̄)
よってこのキャラのこともよく知りません。ポストホビー池袋店で
定価8000円のところ週末特価1500円の投げ売りになってましたんで、
カーチャと一緒に保護しました。ちなみにアマゾンでも現在57%off
の3784円で叩き売られてます。


figmaとの比較。でかっ!!( ̄□ ̄;)!!


可動域はなかなかのもの。ただしスカートが干渉するので、着衣
状態ではこの程度。関節の保持力はしっかりしています。


肩関節は球体と一軸ラチェットの組み合わせで、とても凝ってます。
このスケールのフィギュアならではですね。

フェイスプリントのあんばいも悪くないと思います。

ちなみに顔の交換方法はfigmaと同じです。


顔パーツその2。びっくり顔。


顔パーツその3。怒り顔。


顔パーツその4。羞恥顔。


首の可動域はこんなもん。


後述する「お着替え」のためには、首・腕・腰を全部外す必要が
あるんですが、関節部の工作精度はお世辞にもいいとは言えません。
右肩は引っ張ったらラチェットが抜けましたw

左肩はなんと関節ユニット自体の接着が外れてしまいましたw


腰関節は「一応刺さっている」程度の固定で、ちょっとしたことで
すっぽ抜けます。


リアビュー。背中にある制服のエンブレムも再現。


ここから先はお子様禁止よん( ̄▽ ̄)



つーことでこの「ふるプニっ!」のキモ、おっぱいパーツです。
母乳は出ません( ̄▽ ̄)

布の部分とおっぱいは軟質素材。むにむにと触って遊べますw


ちなみにおっぱい周りの布部分と、下半身のスカートは取り外せます。
でも全部外すとちょっとグロいです( ̄▽ ̄)


もっとも干渉物がなくなるので、素体の可動域がよくわかります。
肩を寄せたり、正座寸前まで膝を屈したり、かなり可動域はあります。

このバージョンではちょいグロですが、現在発売中のでじたみん
限定版は全裸ボディ
になってますので、こういうポーズもたっぷり
楽しめそうですね。

最後はお尻。けっこう作り込んであります。デザイン的にここを
見せるポーズは取らせにくいんですが。


個人的には1500円ならお釣りが来ると思いました。
7000円台だったらちょっとイヤですけど( ̄▽ ̄)

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
<<カンコンキンシアター24 | ホーム | ふるプニっ!エカテリーナ=クラエ>>

Comment List

Comment Form

 |