フィリップスSHE3680

Posted at : 2010年 / 09月 / 26日

フィリップスはいつもそうなんですが、これも「安くて良い」と好評の
イヤフォンSHE3680買ってみました、ビックカメラで1480円。

五日間くらい慣らしながら聴いての第一印象は、高音の解像がキレイ
というところでしょうか。特にエレキギターは、けっこう控え目な
サイドギターのリフもきめ細かく浮き立たせてます。値段の割に
定位も良くて、奥行き感があります。スネアのアタックも気持ちよく
鳴らして、ポップスを軽快に聴きたい向きには最適。

低音に不足は感じませんが、マジメすぎというか。クラブ系とかヒップ
ホップ系にはややパンチがない印象。ソツのない優等生的な音作りは
ディスコンになった同価格帯のSHE8500に似ている気がしますが、
定位の良さは8500より全然いいです。

タッチノイズはそれなりです。SHE9700ほどひどくはありません。
気になる人は気になるかな、という感じ。それより風切り音の方が
わしは気になりました。向かい風が吹くと、割と頻繁にピューッと
鳴ります。

世評通り低予算でハズレは引きたくないという人は買って間違いない
イヤフォンですね。特にポップス、アニソン、軽めのロックはマル。
メタル、ヒップホップは△というところでしょうか。



そーいえば、今年の上半期はあんまりお気に入りのアニソンは
なかったなあ。そんなわしの個人的上半期ベスト3は・・・


3位 やくしまるえつこ「ヴィーナスとジーザス」
『荒川アンダーザブリッジ』OP。昔のカヒミ・カリィみたいな囁き
ポップスですね。リリックの「あの子はいつでもそうなの♪」って
あたりになんかゾクッときました。

2位 「できるかなって☆☆☆」
『ひだまりスケッチ×☆☆☆』OP。このシリーズのOPは全部神がかり
電波ソングで名曲揃い。前期に較べるとやや詞に電波感が薄れたのが
残念ですが。

1位 「Happy☆てぃんくる」
『ジュエルペットてぃんくる』OP。朝の女児向けアニメらしい可愛
らしいメロの曲ですが、Aメロのスリリングなドラムの刻みと
ストリングスのアレンジがとにかくカッコイイ。サビのリズムギター
も心地いいのです。ほんとにぜいたくな編曲してるなあと思います。
メロ自体もとてもキレイで、サビの「レディGO! レディGO!」の
中毒性は異常。ある日気がつくと口ずさんでいて、「これ何の曲
だったっけ?」としばらく考え込んでしまったほど(アニメは
さほど入れ込んでは見てないのです)。いかんせん、ヴォーカルの
力の無さが惜しいですが、わし的にはお気に入り度第一位です。


もひとつムダ話。
今朝の『ハトプリ』はいよいよキュアムーンライト登場編。

サンシャイン祭の次だけにこちらも大期待だったんですが、思いの
ほかあっさりした変身ぶりで、ちょっと拍子抜けでした。なにしろ
月光さんは1話からネタを引っ張ってきた大トリキャラですから、
陽光さん以上のものすごい盛り上げを期待してまして……
一貫して辛気くさいキャラですから、その分変身にいたるドラマの
昇り詰め方もすげえんじゃねえかと。

たとえばサンシャイン登場編では、空が実にうまく使われてました。
真夏の明るい空から始まり、物語の展開とともにたれこめる暗雲。
そして陽光の権化たるキュアサンシャインが、その暗雲をぶち
破って降臨するカタルシス。まさに盛り上げ演出のお手本でした。
ムーンライトにも、そのくらいの見せ場を期待したんですけどねえ。
まあ来週は神作画での大暴れが見られそうですから、そちらを
楽しみにしましょう。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
<<プチぷりちぃー 春風どれみ(私服ver) | ホーム | またカメラ少女画集が出るのね>>

Comment List

Comment Form

 |