魔法陣で遊んでみた

Posted at : 2012年 / 10月 / 28日
AGP宮藤に付属してた魔法陣エフェクトパーツはいろいろ流用
できそうで面白そう。てことで、ちょっと遊んでみました。

ファンタズムーン!


ルキア。


フェイトちゃん。


以前ねんどろいどにはありましたが、ありそでなかった1/12
魔法陣エフェクトパーツ。他のfigmaとかにももっとあって
いいですよね、こういうの。






『スマプリ』は珍しいクソ回でした。
またれいか話ですよ。なんでれいかが主人公のエピソードはこう
辛気臭いのばっかりなんでしょうかね。



生徒会長選が近づき、なぜか転校生に化けて立候補を表明した
三幹部。このあたりはなかなかのバカ展開でちょっと期待したん
ですが、ここからストーリーはひたすら沈滞し爽快感ゼロのまま。

「宿題廃止」「ゲームマンガOK」「お菓子食べ放題」など魅力的な
マニフェストを掲げる三幹部に、保守本流の対立候補れいか様は
ただ現状維持を訴えるだけで、当然のようにその主張は有権者の
心には届きません。悩んでいるうちに勝手に三幹部は正体を露呈し、
戦いの間にれいかが出した結論は、「私の身内には通じてるから、
心を込めて訴え続ければみんなわかってくれる」というアホなもの。
全く説得力のない情緒的な建前論になぜか生徒たちも感動し、
支持を得るれいか…という実にしょーもないお手盛りなオハナシ
でした。

朝のお子様番組ですから、「掃除やあいさつをしましょう」という
建前論が勝つのはいいんです。それを演説でそのまま見せて
どーすんのと。れいかの勝利は、絵として魅力的に見せてこその
アニメでしょ。一時は支持率を挙げる三幹部だが、その主張の
底の浅さや、その周囲の風紀が荒廃していく様子を描いてさ、
その対立項として、黙々と笑顔で生徒会のヨゴレ仕事をこなす
れいかに生徒たちが改めて気づいていく過程みたいのをドラマ
として描いたらずっと説得力や痛快さが出たと思うですよ。

どうせなら一度ウルフルンが当選して、学園がめちゃくちゃに
なっちゃって生徒たちからリコールが起こるとかでもよかった。
演出は土田豊氏なので、ギャグをまぶして描けばスマプリらしい
学園コメディになったでしょう。

作中れいかがやってた「花壇の水やり」とか言っちゃえば誰にでも
できることだし、さらに言えば「校門で腕章してあいさつ」とか、
ちょっとシュミ悪くてウザいでしょ(『Aチャンネル』ではウザ
教師がギャグとして同じ事やってました)。そのうえ唐突に冒頭で
やっちゃってるからすこぶる印象が弱い。このあたりのセンスの
悪さは小林雄次氏ならではだと思います。特撮モノ書いてた頃から
ですが、ほんとこの人の書くホンは…。

あとまあ全然関係ありませんが、いつもれいか様の秘書みたいに
くっついてるこの子との関係が気になりますw

もう早くもこの二人の百合絵描いてる絵師さんいるしwww

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
<<バッテリー買ったった | ホーム | アオシマ『学校の階段』>>

Comment List

Comment Form

 |